中学受験における算数で文章題の正答率を上げるためのポイント

中学受験における算数で文章題の正答率を上げるためのポイント

中学受験の算数において、文章題は必ず出題されます。文章題の正答率が上がる、安定して得点が取れるということは受験において非常に重要であると言えます。

文章を音読する

目だけで読むより、五感をなるべく多く使ったほうが脳が整理されて理解しやすくなります。
算数のなかでも文章題が苦手だと感じる場合は、特にひとつひとつの文を読み落とさずにしっかりと考えることを習慣づける必要があります。日頃から音読をしておくと、黙読したときでも音読したときと同じ位の理解の効果が得られるようになります。中学受験当日はもちろん声を出せないので、日ごろ積み重ねておくと文章を何度も読み直さなくても一度で文章題が理解できるようになります。

文章題に出てくる言葉の意味を理解する

中学受験の文章題には、さまざまな言葉がでてきます。「売上」「利益」「毎分」「静水時」「仕入れ値」など、文章の言葉を正しく理解できていないと計算するべきものが何なのか判断できなくなったり、そもそも文章が理解できずに不安になってしまい問題が解けないと思ってしまったりします。分からない言葉がでてきたときは、すぐに調べて覚えるようにしましょう。また、買い物に行ったときなどに、数字を見たり、重さを感じたり、体感できることはしておくと言葉の理解に苦しむことも少なくなります。

正確に文章を把握する

算数の文章題は、文章を読んで何が書かれているのか、何を問われているのかを正確に判断する必要があります。文章を読む段階で間違えた解釈をしてしまうと、そもそも答えにたどり着くことはできません。文章題の中には解き方のヒントが書かれている場合があります。
「ただし、〇〇とする」など、ただしが用いられている場合は、解答に必要な条件が書かれていることが多いです。自分の出した解答がただしで示された条件を活用しているか確認しましょう。
また、「たとえば」や、「例」が書かれている場合は、文章題の中の規則性、ルールなど、それより前に提示された条件の詳細を示しています。文章中に書かれているヒントを利用し、正答率を上げていきましょう。

文章を絵や図にする

文章題をそのまま文字として頭の中だけで理解しようとすることは難しく、中学受験の算数で出題される複雑な条件が提示された場合などは計算からはじめようとするとミスが起こりやすくなってしまいます。
文章題に書かれていることを線分図やベン図を用いてみたり、りんごを〇とするなど簡略化して絵を書いてみると、文章題がストーリーとして頭の中に描かれ、問題が解きやすくなります。絵で描けるということは、文章が理解できているということになります。そのまま数字だけで考えようとせずに、別の方法も用いて考えてみると計算しやすく、間違えにくくなります。

算数の文章題は、少し意識を変えるだけで格段に解きやすくなります。中学受験の算数で文章題の正答率を上げるためには、文章題を正しく読み解くということを常に意識して問題演習に取り組みましょう。

関連記事

中学受験算数の比の文章題
中学受験における算数、文章題の勉強法
中学受験算数における様々な種類の文章題対策

 

 

開講講座:完全1対1の個別指導

当塾の個別指導は、全国の中学入試問題や受験頻出問題を完全にデータベースで管理しています。また、電子黒板を用いた授業で生徒の学習状況の管理の徹底することで生徒さんそれぞれの状況に最適な計画を立てて授業を進めてまいります。最先端の完全1対1の個別指導でムダな作業がなく、効率的に学ぶことがきでます。